mad

 【最近1週間ほどの記事】 (* のついた写真はクリックで拡大します)


11月29日(火) 穴蔵
 定刻4時に起きて、普通ゴミを出す。
 ついでにネコのエサ場を見たら、ノラが食事中であった。
  *
 これは今年生まれた仔猫の1匹のような。
 右耳の先端がV字型にカットされているように見えるのが気になる。不妊手術を受けたのだろうか。捕えられるようには見えなかったが。
 ノラ猫戦場異状ありか、異状なしなのか、混沌として、さっぱりわからん。
・今年6月下旬に穴蔵の眼下で4匹の仔猫が生まれた。
・7月から愛猫派(エサをやる女性2人)と嫌猫派(正体不明/YMCAらしい)が勃発した。
・嫌猫派の公園事務所への抗議、貼紙、タテカン、片づけ宣言と続いた。
 この経過は10月15日にまとめている。
 その後の1月半、愛猫派のエサ出し(夜中0〜1時)は継続し、エサを入れたプラ容器は明け方(5〜5時30分頃)に片づけられる。
 片づけるのが嫌猫派(YMCA)なのか清掃ボランティアなのかは不明である。
 エサを食べるのは、確認できているだけでクロ、トラ、トラ仔猫の3匹だけ。夜中1〜4時頃が勝負のようである。
 こんな状況が続いているのだが、仔猫の耳がカットされた(ように見える)ことで、状況がまたわからなくなった。
 北梅田の戦場から、世界がさっぱり見えてこない。仔猫の耳は怪我なのか手術マークなのか。ベラルーシの外相は毒殺なのか心臓発作なのか。これから冬を迎えて、戦線がさらに厳しくなるのだけは確実だが。
 朝9時頃から雨になり、終日降り続く。
 終日穴蔵。

11月28日(月) 穴蔵
 晴。正午自宅。
 ……で終るような1日だが、天気がいいのでタカセ市場まで重量物(飲料系)を買いに徒歩で往復する。
 東公園を通過。工事中だったタワマンが全貌をあらわした。
 近年、近所にタワマンが増えて、わたくしは住みたいとは思わないが、ここだけはいいなと思う(南向き限定)。
 桜のきれいな公園に面しているからである。
  *
 笑ろてしまいますな(←先代歌やんのフレーズ)と思うのが、北側(写真右奥)のマンション。
 10年ちょっと前に出来たマンションだが、すぐ前にK食品(麩の老舗)の工場があって(あくまでも噂ですが)臭いがひどいと住民が文句をつけたらしい。それで(あくまでも噂ですが)K食品は嫌気がさして工場を移転、土地を売却、そこにタワマンが出現したという次第である。
 日陰になった(桜も見えなくなった)マンション(南側)住民の心中は(別に同情はしまへんが)いかばかりか。
 タワマン北側の部屋に入った住人は、恐ろしい怨嗟を浴びながら、そんなことに気づかず生活することになる。
 タワマン南側の住人は、そんなことに関心なく、優雅な生活を送る。
 やがて日陰族は恐ろしい行動に出ることになるが、それはタワマン内の住民を南北に分裂させることになる……と、(あくまでも噂をベースに想像する)これから書くかもしれないSFでありますが。
 近所にSFの題材はまだあるのだ。
 がんばって「不調」を克服しなければ。

11月27日(日) 穴蔵
 晴。終日穴蔵にあり。
 不調である。
 気がつけば、わが余命は1年を切っているのではないか。
 亡父の享年を昨年に過ぎてから、つぎの「節目」は荷風散人のそれと想定してきた。
 おっさんは満79歳5ヶ月で死亡(1879.12.3〜1959.4.30)。これをわが年齢に当てはめると、来年の今頃ということになる。
 今は、断腸亭日乗でほとんど毎日「正午浅草」と記載された時期ではないか。
 わたくしの場合は「正午自宅」と書くことになるが……これでは面白くないな。
 夜にまた「自宅」へ行って、何皿か並べてもらって晩酌となるわけだから。
 おっさんを見習うなら、独居生活に移行するのがいいのだろうか。
 色々悩みつつ、専属料理人の並べたヅケ、レンコン挟揚げなどでビール、湯割り。
 早寝させていただく。

11月26日(土) 穴蔵/ウロウロ
 曇天なり。穴蔵にこもる。
 ここ数ヶ月「読み書きソロバン」が不自由になり、これといったことが出来ず。困ったことである。
 年内、こんな調子がつづきそうな。嗚呼。
 午後、晴れてきたので近所を散歩。脚腰だけは衰えぬようにしなければ。
 豊崎神社〜北公園〜本庄公園〜東公園を40分ほど散歩。紅葉を見る。
  *  *
 公園には誰もいない。
 夜は鴨鍋で一杯。
 早寝させていただく。

11月25日(金) 穴蔵/ウロウロ
 晴れて風もなし。
 午前、地下鉄で淀屋橋へ。市内でここにしかないATMで用件済ませ、あと御堂筋を歩く。
  *
 銀杏を眺めるが……70年代に較べると、ずいぶん葉が疎らになった印象である。
 以前の勤務先界隈もうろうろ。旧勤務先の隣もそうだが、空き地(駐車場)が目立つ。
 本町全体が活気を失っていく印象である。
 伊藤忠が梅田(大阪駅)に移った頃(2011年)からの傾向であろうか。
 堺筋を北上、中之島〜西天満〜野崎町〜扇町〜中崎町を歩いて帰館。
  *
 おっ、12345歩になった。何も当たらんけど。

11月24日(木) 穴蔵
 晴。終日穴蔵を出でず。
 ちと事情あり(コロナではありません)、終日ベッドでジャズを聴き、米朝師匠を聴いて過ごす。
 たちまち夕刻。
 専属料理人がローストポークを作る。
  *
 これをメインにあれやこれやでビール、ワイン。
 お楽しみはこれだけだ。
 早寝させていただく。


>>ちょっと前の記事

>>もっと前の記事【1996年〜の目次】
SF HomePage