mad

 【最近1週間ほどの記事】 (* のついた写真はクリックで拡大します)


4月12日(金) 穴蔵
 定刻4時に起床。なんとか正常パターンに戻ったような。
 晴。終日穴蔵。
・ニュースは一平ばっかり。
 アメリカ連邦検察が水原一平を「1600万ドル(約24億5000万円)の銀行詐欺」で訴追。一平は明日にも「出廷」するという。
 5分ほどでよくわかった。やはりアメリカに帰国していたのだ。金額にはちょっと驚いたが……
 だが……誰といつどんなルートで帰国したのか、今どこにいるのか、嫁さんはいっしょなのか、金はあるのか。
 こちらが知りたいのは「犯人の逃亡潜伏の実態」なのだが、ぜんぜん報じられない。
 桐島聡の時の報道姿勢を思い出せ。

4月11日(木) 穴蔵
 夜更かししたはずなのに、本日も午前2時に目覚めてしまう。
 ゴミ出し。エサ場を見るに、水と3容器、エサは食べられた形跡なし。トラの仔猫2匹、どうしているのか。
 テレビ見たら、バイデンと岸田の共同記者会見の中継中。退屈で5分で切る。ネット見たら、韓国総選挙で与党惨敗。そんなものであろう。
 米日韓、半年後にどう変わるかわからんから、今何かやっても意味なし。
 眠れず、ベッドで細々した資料を読んだりウトウトしたり。
 午前晴、午後曇。
 終日着替えることなく、ほとんどベッドで過ごす。
 たちまち夕刻。一杯飲んで早寝……のつもり。
 明日も非生産的な日になりそうな。嗚呼。

4月10日(水) 穴蔵/ウロウロ
 早起き癖が再発、2時過ぎに目が覚める。また不規則生活にならないか心配な。
 未明のテレビ「平成紅梅亭」で、春風亭昇太「茶の湯」、桂南光「花筏」を見る。ともにもう「風格」があってしかるべき年齢だが……ノーコメント。
 わが落語歴は米朝師匠で終った気がする。全集その他があるから、余生は楽しめる。
 本日は快晴なり。
 午前、運動不足解消のため、毛馬閘門まで歩くことにする。
 毛馬堤の桜は毎年2、3日開花が遅いので、今日が満開と予想したのだが、正解であった。
  *
 今年一度の花見。あと天八〜天六(ATM関係)まわって帰館。久しぶりに1万歩を超えた。
 午後は穴蔵。
 たちまち夕刻。洋風メニューでビール、ワイン。
 眠い……が、22時頃までは頑張って起きているつもり。普通の「早寝早起き」生活に戻さねば。

4月9日(火) 穴蔵
 雨。後に陰。夕刻自宅にて晩酌。
・深夜にゴミ出しにでたら、エサやりオバサンが雨中でひとり作業中だった。
  *
 ネコはいないような。足元の傘の下でクロが食べているのだろうか。近寄って見物するわけにもいかず。心配なことである。
・相変わらずの大谷報道。
 で、あれから2週間、一平はどこへ消えたのか? マスコミはいっさい報道しない(日本の芸能レポーターのごとき害虫でも「自宅」を訪ねて門前で何かいうのではないか)。どこかの組織によって箝口令が敷かれているとしか思えない。普通に考えれば、密かに(速やかに、嫁さんもいっしょに)アメリカに戻ったとしか思えないのだが。
 いくら韓国で解雇されたとはいえ、球団が現地で放り出すとは思えない。大使館に駆け込むとか、騒ぎになるはずだ。まさか韓国で「消された」なんて、三文劇画じゃあるまいし。
 マスコミの無反応が謎だ。
・6月に辞任を表明していた川勝が予定を早めて10日に辞職願を出すという。
 他県のことだが、愉快なニュースだ。
 この男の暴言癖については諸説あるが、わたくしは「何かを褒める(べんちゃらをいう)のに他を貶す(侮辱する)しかできない」のだと思う。それは発言対象の世界についてまったく「無知」だからで、どんな切り口で褒めていいかわからず、とりあえず何かをバカにして、それよりもあんたはマシだといういい方になる。しかもその「バカにされ方」がデタラメだから、引き合いにされた対象は怒る。褒められる方も(あんなバカになるなよといわれている訳で)嬉しくもないだろう。
 このタイプの人間は何人か知っている。具体例はいくらでも挙げられるが、まあやめとこ。


>>ちょっと前の記事

>>もっと前の記事【1996年〜の目次】
SF HomePage