mad

 【最近1週間ほどの記事】 (* のついた写真はクリックで拡大します)


8月9日(火) 穴蔵
 午前4時に目覚め、プラスチック・ゴミ出し、ついでに「猫の戦場」を視察する。
 パレット1個、ひっくり返され、エサは半分が路面に散らばっている。猫はおらず。
 5時頃にハトが来るのか嫌猫派が来るのか……見届けるのは面倒なので、明日の楽しみに。
 猫戦線異状なし、というところか。
 終日穴蔵。
 お上(吉村)の命令に従い、外出は控えるが、体調おかしくなってくる。
 昼間のうたた寝時間が多く、たいした仕事はできず。
 一杯飲んで早寝させていただく。

8月8日(月) 穴蔵
 午前3時に目覚め、3時半にゴミ出し、ついでに「猫の戦場」を視察する。
 パレット2個、エサは半分ほどなくなっており、傍の公園入口にトラ(母親)猫が座っている。
  *
 先週は電柱横にいたが、仔猫が心配で見張っているようである。
 朝(嫌猫派が掃除に来る)まで緊張状態がつづくのであろう。
 晴。
 終日穴蔵。
 これといったことはできぬまま夕刻となる。
 夜は1時間ほどzoom会議。
 水面下で某企画が進行中、来月あたりには紹介できる……かもしれない。

8月7日(日) ハチ/恒例ライブ
 目覚めれば立秋であった。
 終日穴蔵。
 外は残暑厳しいようだが、扇風機の風に吹かれておれば快適である。
 夕刻、必要不可欠の外出。
 人通りの少ない中崎町〜野崎町の路地を歩いて、西天満(梅ヶ枝町)のハチへ。
 大阪は老いぼれに外出自粛要請中だが、本日だけは前から決まっていた(というより、半世紀前から不変の)恒例行事であり、お上の要請を無視する。ただし他人に迷惑かけてはならぬ。
 半世紀前からつづくハチママ・バースディライブであり、本日は早めの早めの3回忌でもある。
 人数制限しての開催。決定即刻予約したので、ピアノの前2メートルの席を確保できた。
  *
 まず山下洋輔さんのソロ。
 山下さんソロ。「Communication」「Thought of Beatrice」「Round About Midnight」「Bolero」
 つづいて、昨年に引き続き福森進也さん(ds)が加わりデュオとなる(実は昨年は「ごく内輪のイベント」という制約で公表してなかった)。
 福森さんの曲で「For 2 Akis」「Birth」「You Don't Know What Love Is」、そしてこの曲なしでは終れない「Hachi」。
 アンコールは……(あ、曲名失念)「ハチママが自分に捧げてくれたと思い込んでいた曲」で終了。
 久しぶりにビールを飲みたい気分だが、そして懐かしい顔ぶれもいたのだが、やはり迷惑かけることがあってはいかんので、ちょっと挨拶して失礼することに。また人気のない道を歩いて帰る。
 毎年、ハチライブが終ると本格的な秋である。

8月6日(土) 創サポ講義
 晴。終日穴蔵にあり。
 たちまち夕刻。
 大阪は「老いぼれ外出禁止」だが、禁を破って、地下鉄で天満橋へ出かける。
 一応「不要不急ではない」用事(前から決まっていた)なので、捕まっても死刑にはなるまい。某国とはちがうからな。
 谷町2丁目のCANVAS谷町(創作サポートセンター事務局)の会議室へ。
 久しぶりに創サポ講義。参加者数名、他はzoomでの参加。
 提出作品4篇。
・大気圏への着陸用の巨大な翼をもつ宇宙船が「見えざる手」で捕獲される……模範的ショートショート。
・彗星と並んで飛行する宇宙船内で連続して起こる惨劇。これにパンスペルミア説がからむ。心の傷から侵入してくる異星の生命体という設定が恐ろしい。
・日本のある地方につたわる、あまり知られていない民話をベースに、大人の小説に仕上げた短篇。民話にはない細部の書き込み(風景や機織りの描写など)がよく、人物像?がとても子供に読み聞かせられないものに変形してある(恋愛の駆け引きなど)のも面白い。
・最新の金星探査の成果をベースに、数億年過去の金星と近未来の地球をつなぐ、スケールの大きい設定。短篇だから詰め込み過ぎの感なきにしもあらずだが、これからの大きな鉱脈ではないか。天才少女学者の造形も見事。
 いずれも短い短篇だが、それぞれ面白く、また論点も多くあって、こちらも色々刺激を受ける。
 特に宇宙SFに接すると、やはり興奮するなあ。

8月5日(金) 穴蔵
 ほとんど眠れず(というか、お上の要請で出歩けないものだから、昼間のうたた寝が24時間つづいて)午前3時に起きる。
 資源ゴミ出すついでに「猫の戦場」を見物。ネコのエサは半分ほど残っている。日の出まで2時間あるから、戦況はなんともいえない。
 あとは終日穴蔵。
 晴れたり曇ったり時に雨、昼前に大阪市に大雨警報が出たり、ややこしい天気である。
 資料を読んで過ごす。
 たちまち夕刻。一杯飲んで、またうたた寝のつづき。
 明日は少し動くつもり。

8月4日(木) 穴蔵/兵庫五国酒肴弁当
 眠り浅く、目覚めれば5時であった。かなりの朝寝坊である。
 5時半頃にゴミ出しのついでに「猫の戦場」を視察。本日は「完食」のようである。
 野良と愛猫派の勝利、嫌猫派は敗退、ハトは番外。わたくしはどちらに与するものでもありません。
 終日穴蔵。
 昼前、専属料理人に、買い物ついでに某駅弁コーナーをチェックしてもらう。
 おお、まねき食品の「兵庫五国酒肴弁当」があったという。
 「WEST EXPRESS 銀河」の運行記念で発売された駅弁で、昨春の播州龍野行きの時に姫路で買って感激した逸品。ともかく一杯飲みながら「隅から隅まで完食」した唯一の弁当なのである。
 期間限定と思ってたら、まだあったのだ。
 ……ということで、昼はこれで一献。
  *
 兵庫五国とは摂津・播磨・但馬・丹波・淡路のこと。
 ここの特産品を(少しずつだが)酒肴に仕立てて、9コーナーに並べてある。左上から……
 青唐・焼玉葱(淡路) 海老・蓮根唐揚(?) 穴子寿司・生姜(播磨)
 串カツ(?) 但馬牛・稲荷(但馬) 海老・胡瓜・なます(播磨)
 蛸寿司・酢蓮根(播磨) 姫路おでん(播磨) 黒豆・玉子焼(丹波)
 これらをつまみながら、ビール、あと灘菊の冷酒。たまらんなあ。
 駅弁とえきそばの「まねき食品」に栄光あれ!
 昼間からこんなことやっていていいのだろうか。いいのである。
 吉村は老いぼれに外出自粛を命じている。出歩けぬ老人の楽しみはこれだけではないか。
 あとは昼寝。

8月3日(水) 穴蔵
 3時に目覚める。
 未明、運動不足なので、少し動くことにする。
 まず「猫の戦場」を見物。猫はおらず、エサは3/4くらいが残っている。猫戦線異状なし。
 久しぶりに未明の梅田を自転車で散歩することにする。
 新御堂を南へ。堂山町〜阪急東あたり、客引きちらほら。派手に合唱している店もあり。ただし3年ほど前(コロナ以来こんな時間には通ってない)に較べれば閑散としている。
 午前3時半の扇町街公園。暗い。
  *
 広場の真ん中で花火している若いのが3人ほどいた。
 天神橋筋〜中崎町商店街を経由。「ひろや」は開いてるが客3人、「竹乃膳」は休業。
 開いてるのはコンビニばかり……の印象。
 3時40分に帰館。あまり面白くなかった。未明の自転車散歩はもう終わりだな。
 終日穴蔵。
 本日も猛暑日だが、どうってことなし。
 専属料理人が梅干し数十個を干している。天日干しの工程とか。
  *
 2種類作って、漬け方が違うらしい。食すのはまだ先という。
 ま、わたくしは焼酎の湯割りにぶち込めればいいので、湯割りの季節といえば晩秋、冬が近いと思うと気が重くなる。
 猛暑日がつづいてほしいものである。


>>ちょっと前の記事

>>もっと前の記事【1996年〜の目次】
SF HomePage