mad

 【最近1週間ほどの記事】 (* のついた写真はクリックで拡大します)


6月20日(水) 穴蔵
 雨が降り続く。
 穴蔵にてボケーーーーーッと過ごす。
 あ、上田早夕里さんの『破滅の王』が直木賞候補である。18日朝にネット配信で知っていたのだが、直後に震度6弱に襲われ、忘れていた。木下昌輝さんの『宇喜多の楽土』も候補。知り合い2氏がノミネートである。できれば関西2氏同時受賞となってほしいが……。
 昨夜、専属料理人が帰宅したため、楽しき独居老人生活(ヨレヨレのおっさん状態)は終わった。
 夜は久しぶりに「多品種少量」メニューとなる。
  *
 翁のヤッコ、ローストビーフ、豚などの南蛮漬、野菜類色々でビール。パン。ワイン少しばかり。
 やはり栄養バランスはいいのであろう。
 余震に怯えつつ早寝する。

6月19日(火) 穴蔵
 定刻4時頃に目が覚める。
 エレベーターは昨夜に復旧したようで、生活は普通に戻る。未明にゴミ出し。
 昨日の反動で虚脱感もあり、穴蔵にて静かな生活。
 床に積み上げた本をながめる。
 本棚に二重に詰めるのをやめると、またしてもフロアが本で埋まる。
 ざっと読んで、必要な部分をメモか下書きにして、処分する……と決心する。
 さっそく始めるが、1日5冊が限度のような。宇宙関係の解説書は95%はダブっているから、もっとペースはあげられるはず。
 月100冊目標で行くか。10年で12,000冊。雑誌はもう少しペースをあげて、だいたい穴蔵分は迷惑かけずに終われる。
 播州龍野の実家には3倍以上あるなあ。嗚呼。
 昼はコンビニ弁当。
 夕刻、中崎町のヤマタツへ行き、トンカツとサラダを買ってくる。
 独居生活においては、週1度はこのパターンになる。
 夜はトンカツでビール、塩辛でチューハイ。
 浮き世はつまらんことばかりだな。
 はやぶさ2がRyuguに接近、近いうちに待ちかねた画像が見られそうな。目下の楽しみはこれだけ。
 早寝。
 と、専属料理人からメール。新幹線からで、23時頃に帰るという。起きてられないよ。

6月18日(月) 震度6弱
 7時58分、寝そべって本を読んでたら、突き上げるような激震。
 本棚が1本倒れた。
  *
 派手に見えるが、不安定だったスチールの本棚が倒れ、上のスピーカーや時計が落下、ミココンポも墜落。
 まあ、たいしたことない。
 残り9本の本棚は、前に横積みしていた文庫が崩れた程度。CD、パソコンにも被害なし。ミニコンポも無事。
 実家(専属料理人は不在だが)も大きな被害はないような。食器が割れてない。
 直下型か。突き上げるように10秒ほど揺れたが、横揺れはほとんどなかった。
 テレビ報道。
 震源は高槻あたり?
 北摂4市と、ぽつんと飛び離れて大阪市北区が「震度6弱」とは不思議だが。
 大阪市北区の地震計設置場所は北消防署(茶屋町)で、うちから300メートルほど。
 まあ、一応「震度6」を体験したことになる。
 エレベーターは停止。
 時々サイレン鳴らして救急車が走ったりするが、静かなもの。
 交通機関は軒並み運休。
 片づけは2時間ほどで終わった。
 電気、水道はいいが、ガスがとまったまま。
 昼前に、階段を降りて周囲を見るに、食い物屋の多くは休業。御徳家は牛丼売ってる。頑張ってるね。
 ということで、昼は牛丼でビール1缶。
 ガスは午後に復旧。
 夕刻からだんだん近所を行き交う人が増え始める。
 新御堂筋の淀川歩道(新淀川大橋)を歩いて、新大阪方向へ歩く人たちである。逆もあり。
 地下鉄が不通(中津〜江坂が運休)のため。新御堂筋(豊崎付近のクルマ専用部分)を歩く人も見える。新大阪まで歩くのか、江坂あたりまで帰る人か。
 テレビで「新淀川大橋をこんなに人が歩くのは初めて」というが、74年のゼネスト以来であろう。あの頃おれは西中島に住んでいて、本町まで歩いたものである。44年ぶり。
 結局、交通事情がいちばんの問題らしい。
 19時頃から徐々に解消しつつあるようだが。
 ビール飲みつつテレビで見物するのは申し訳ない気分になる。
 22時、もう寝る。
 メールいただいた皆様、ご心配いただきありがとうございます。
 23年前に較べれば、たいしたことないです。

6月17日(日) ウロウロ
 快晴である。気分爽快。
 予報では明日から当分梅雨空らしい。
 本日も昼前から自転車で走ることにする。
 南東方向。中崎町〜扇町公園〜中之島公園。
 久しぶりに淀屋橋から本町界隈。日曜でガラガラ。三休橋筋の歩道が広くなり、走りやすくなっている。
  *
 おっ、昔の勤務先。隣の長谷ビルが解体されている。ともに1965年に竣工のはず。どうなるのか。
 御堂筋に出ると、ガスビルの南というか、御霊神社の前に、新ビル建築中。
  *
 こちらはホテルである。
 色々変わっていくなあ。
 靫公園(バラ園/噴水付近で大衆諸君が遊んでおる)を抜けて北上、土佐堀から福島、プラザホテル跡地を通り、スカイビルへ。
 スカイビルの里山は「カラスの巣があり、威嚇することがあるため」立入禁止になっている。うーん。ちょっと疑問も感じるが、里山とはそういうものか。
 うめきたを横断、クルア地下で豪華弁当を買って13時半に帰館。
 よく走った。水分補給怠りなし。

6月16日(土) ウロウロ
 快晴である。気分爽快。
 昼前、久しぶりに自転車で走ることにする。
 まず、淀川堤を毛馬の閘門へ。
 第一閘門の壁にスプレイで落書きというニュースを知ったからである。
  *
 シートがかぶせてある。↑写真は河川事務所提供のもの。
 わが最愛の建造物に落書きとはなんたる不届き者。
 と、似たような気持ちで駆けつけたらしいご同輩が2人。
「柵を乗り越えて降りたんですかなあ」「不法侵入にもなりますなあ」「厳罰に処すべき」
 怒り治まらず。
 さらに上流へ1キロほど。
  *
 ずいぶん遠くへ来た感じもする。
 堤から下界に降り、昔住んでいた城北工場跡(今はリバーサイドしろきた/もう40年以上になる)を抜け、大東商店街から都島、都島橋を渡って天六へ。
 久しぶりに某酒蔵に寄って水分補給する。
 体調戻ってきたぜ。


>>ちょっと前の記事

>>もっと前の記事【1996年〜の目次】
SF HomePage